Trouble

交通事故

賠償問題は全て弁護士に任せて,治療とお仕事に専念して下さい

交通事故で大変なときにご自身で保険会社に立ち向かう必要はありません

弁護士法人 和氣綜合は,被害者側を専門的に取り扱っており,治療段階の被害者サポートや後遺障害等級の獲得に力を入れており,実際に月間20件以上のご依頼を受けています。不幸にも交通事故に遭われたら,保険会社との交渉などは弁護士法人 和氣綜合にお任せ下さい。

労働災害

あなたや家族が不幸にも労災(労働災害)にあったら…
どうすべきでしょうか?

労災保険の申請を行うことはもちろんですが
労災事故により受けた被害の補償としては不十分です

会社には従業員が労災事故にあわないようにする安全配慮義務があります。もし労災に遭ってしまったら,適切な補償を会社に求めることも検討しなければなりません。
労災に遭われたら,専門的に取り扱っている弁護士法人 和氣綜合に一度ご相談下さい。

企業様からの
ご相談

法で経営を守る!
攻めの経営に専門家の確かなアドバイスを

 会社経営においては、積極的な営業展開を行いながらも、リスクを最小限にしておく戦力が必要不可欠です。法律の専門家である弁護士をうまく使いながら、経営を行っていくことが求められています。

Strength

弁護士法人 和氣綜合では
企業法務に加え、交通事故・労災事故などの
損害賠償請求事件を専門に取り扱っています。

企業法務の分野では、顧問先の法人などからご依頼を受けて借地借家紛争や債権回収に取り組んでいます。
また交通事故につきましては被害の軽減と早期回復を目指しており、事故後、間もない段階でご依頼を受けるようにしております。
弁護士法人 和氣綜合は依頼者の方が治療・お仕事に専念されるように努め、
また適切な後遺障害等級が認定されるように専門的にサポートします。

  • 弁護士法人 和氣綜合
  • 弁護士法人 和氣綜合
  • 弁護士法人 和氣綜合

症状固定(治ゆ)とは

傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法をもってしても,その効果が期待し得ない状態で,かつ,残存する症状が自然的経過によって到達すると認められる最終の状態に達したとき」を言います。

後遺障害とは

「傷害が治ったとき身体に存する障害」をいいます(自賠法施行令2条1項本文)。現在の賠償実務では,症状固定後の精神的苦痛や減収(労働能力の喪失)については,後遺障害として,認定等級に応じて損害額を計算するシステムとなっています。

労災保険とは

労働者が労務に従事したことによって被った死亡・負傷・疾病といった労働災害について,使用者の過失の有無を問わない代わりに,財産的損害(治療費,休業補償や逸失利益の一部)を補償する制度のこと。

被害者参加とは

刑事裁判においては,被害者参加制度が設けられ,被害者も刑事裁判に参加できるようになりました。加害者に事件のことについて直接質問したり,裁判官に量刑について意見を述べたりすることができます。

示談

当事者間で,任意の話合いを行い,賠償金の額など損害賠償に関する合意を成立させることを言います。法律上は和解契約となります。
示談の条件には,通常,放棄・清算条項が規定されていますので,示談後に新たな請求を行うことはできませんので,示談のときには注意をする必要があります。

高次脳機能障害

高次脳機能障害とは,脳の損傷により引き起こされる様々な神経心理症状の総称です。
高次脳機能障害の患者は外見上健常であるため,周囲の家族・友人・同僚や被害者本人でさえ,高次脳機能障害という重大な後遺障害が残っていることに気付ないことが多くあり,「見えない障害」と言われています。

Case

交通事故 traffic accident

私が担当しました

畝岡遼太郎

畝岡遼太郎弁護士

後遺障害等級

非該当

事例12

加害者本人が任意保険未加入であった事案

依頼者

Aさん/60歳

受傷部位

首・胸・背・腰・骨盤

解決方法

訴訟

事故の内容

 依頼者車両が,事故現場付近の県道を直進走行していたところ,信号のない丁字路交差点において,左方の脇道から強引に右折進行しようとした相手方車両が依頼者車両に衝突した。

労働災害 industrial accident

私が担当しました

笹野皓平

笹野皓平弁護士

後遺障害等級

12級

弁護士介入後の等級

12級

事例8

証拠保全の同時申立てを利用することで多額の和解金を獲得した事例

依頼者

Bさん/28歳

受傷部位

業種

製造

解決方法

訴訟

事故の内容

依頼者が金属部品を特殊な機械で清掃中,眼等を負傷し,眼の調整機能障害等が残存したというもの。

企業様からのご相談 for corporates

私が担当しました

畝岡遼太郎

畝岡遼太郎弁護士

事例4

精算金請求事件

依頼者

Aさん/50歳

業種

その他

ご相談内容

取引先とのトラブル

解決方法

任意交渉

ご相談内容の詳細

依頼会社は住宅のリフォームに関係する物などの販売設置工事を行う会社であるところ,顧客(注文者/購入者)の代金の支払いについては,顧客が契約する信販会社から,精算金として支払を受けることとなっていた。
ところが,各信販会社が加盟する協会に依頼会社に対する苦情に関する情報が登録されたことを理由に,相手方である信販会社(以下,「相手方会社」という。)が,依頼会社に対する精算金合計1000万円(顧客約10人分)以上の支払いを拒絶したというものである。
なお,協会に登録された情報は,当該苦情の申し出があったということであり,苦情の正当性等の裏付けがあるわけではなく,依頼会社は当該苦情に該当する行為を行ったことはなかった。

弁護士法人 和氣綜合のポリシー

弁護士法人和氣綜合の理念

1.依頼者の正当な利益追求を通じて、社会正義の実現に貢献する
2.常に革新的で合理的なサービスを提供する
3.依頼者にとって価値のあるサービスであることを常に心掛ける

 

【交通事故・労災事故を始めとした事故による損害賠償請求を数多く受任し,解決しています】

 交通事故・労災事故事案には無料相談を実施しており,交通事故は毎月20件程度,労災事故は2,3件程度のご相談があります。
問題点や獲得できる賠償金の見込み額,解決までの時間や費用などを具体的に分かりやすくご説明させて頂いております。その結果,ご相談の案件につきましては,ほぼ全てご依頼頂いています。

【後遺障害等級認定についての和氣綜合の活動】

 事故事案において,適正な賠償金を得るためには,何よりも後遺障害の等級がきちんと認定される必要があります。
そこで,弁護士法人和氣綜合では,ご相談のときから被害実態に照らしてどの等級に認定されるべきかを想定しながら,証拠収集をしたり顧問医に意見を聞いたりして,適正な等級獲得に向けて活動しています。また,仮に不当な等級に認定された場合には,異議申立て(不服審査)を積極的に行い,実際にかなりの確率で認定を覆すことができています。

 

 和氣綜合は,被害者の方々が適正な賠償金を早期に獲得できるように取り組んでいますので,被害に遭われた方は一度ご相談下さい。

Question

    Q電話やFAX、メールでの相談はできますか?
    A現時点では承っておりません。 的確な法的アドバイスを行うためには,事実関係などを詳細にお伺いする必要があるためです。
    Q相談には本人が行く必要がありますか?代理での相談はできますか?
    A 原則としてご本人様にご来所頂く必要があります。  例外的に,ご本人様がご来所できない事情,ご本人様が未成年やご高齢,ご入院中などの場合には,代理での相談をお受けすることが可能です。ただしその場合でも正式にご依頼頂く際には,ご本人様と弁護...
    Q相談にはどのような資料を用意する必要がありますか?
    Aご相談内容に関係するお持ちの資料は全てご持参下さい。資料がたくさんあれば,それだけ正確なアドバイスが可能です。 【具体例】 労災保険の請求書,労基署の通知書,災害発生状況報告書,事故現場の写真・図面,給与明細,タイムカード,診断書な...
    Q相談料はどのくらいかかりますか?
    A交通事故・労災事故については初回相談料は無料です。
    Q労働災害の弁護士費用はどれくらいかかりますか?
    A原則として,成功報酬型を採用していますので,着手金は無料としています。ただし勝訴可能性,事案の困難性,予想される賠償金の額,賠償金の回収可能性などを踏まえて判断させて頂きます。 まずは一度ご相談にお越し下さい。 弁護士法人 和氣...