事例1ポータルサイト運営会社の約款作成

依頼者

ポータルサイト運営会社

トラブル内容

お客様とのトラブル

業種

サービス

解決方法

約款の提案・作成

担当弁護士

笹野皓平 弁護士

トラブル内容

 依頼者は,医療機関と顧客をマッチングさせるサイトを運営する会社ですが,特段,約款などを設けていなかったために顧客や契約の医療機関とのトラブルがあったときに適切・迅速な解決ができず,運営に支障をきたしていた。

 

弁護内容

利用者は,不特定多数になるため契約書を交わすことは現実的ではないため,約款方式を採用した。具体的には,医療機関と顧客双方に向けてサイト利用のルールを詳細に定めた約款を作成しました。

結果、どのように至ったか

サイト上で約款を明示することにより,トラブルがあったときには,その約款に則って解決することができ,スムーズに運営することができた。

解決に至るまでに

POINT01

約款作成においては,依頼者による運営がスムーズに行えるように従前の運営方法などを詳細にヒアリングしました。ただし,利用者側に一方的に不利な内容は,消費者契約法などの法律で無効にされる危険性がありますし,その内容を巡ってネットで批判される可能性があったため,妥当な内容になるように心掛けました。

POINT02

弁護士からのコメント

担当弁護士氏名
笹野皓平弁護士