事例4社内において管理職として取り扱われていた者の割増賃金請求が認められた事例

依頼者

Mさん

事故形態

その他

受傷部位

なし

担当弁護士

川島直人 弁護士

解決方法

訴訟(裁判上の和解)

業種

不動産

事故の内容

社内で管理職として取り扱われて割増賃金の支払いがされていなかった者の割増賃金請求をしたというもの

 

弁護内容

①証拠保全(タイムカード,就業規則,業務日報など)
②交渉
③訴訟を行い,裁判上の和解をすることができた。

→

 

結果

100万円
増額

解決に至るまでに

POINT01

訴訟において使用者は相談者が管理監督者に該当するため割増賃金は発生しないとの主張をしていたが,就業規則・賃金規定などを確認ながら,具体的な主張を行いました。
その結果,裁判上の和解をすることができました。

POINT02

弁護士からのコメント

担当弁護士氏名
川島直人弁護士