解決事例 交通事故

事例12加害者本人が任意保険未加入であった事案

私が担当しました

畝岡遼太郎

畝岡遼太郎弁護士

後遺障害等級

非該当

事例12

加害者本人が任意保険未加入であった事案

依頼者

Aさん/60歳

受傷部位

首・胸・背・腰・骨盤

解決方法

訴訟

事故の内容

 依頼者車両が,事故現場付近の県道を直進走行していたところ,信号のない丁字路交差点において,左方の脇道から強引に右折進行しようとした相手方車両が依頼者車両に衝突した。

詳しい解決事例はこちら▽

事例11訴訟提起により,任意交渉時点の提示額からの増額が得られた事案

私が担当しました

南佳祐

南佳祐弁護士

後遺障害等級

9級

弁護士介入後の等級

8級

事例11

訴訟提起により,任意交渉時点の提示額からの増額が得られた事案

依頼者

Fさん/66歳

受傷部位

下肢

解決方法

訴訟

事故の内容

交差点での依頼者車両(直進・単車)と相手方車両(右折・四輪車)との事故。

詳しい解決事例はこちら▽

事例10相手方と任意保険会社との契約に対物免責条項が付されていた事例

私が担当しました

畝岡遼太郎

畝岡遼太郎弁護士

事例10

相手方と任意保険会社との契約に対物免責条項が付されていた事例

依頼者

Mさん/60歳

受傷部位

なし(物損)

解決方法

訴訟

事故の内容

依頼者車両が国道を走行していたところ,前方を走行する相手方運転のトラックから飛んできたタイヤ関連部品が,依頼者車両のホイールに衝突し,依頼者のホイールが損傷した。

詳しい解決事例はこちら▽

事例8受傷により仕事に復帰できず退職したとして,退職後の休業損害及び顔面醜状痕による逸失利益を相当程度獲得した事例

私が担当しました

権基峰

権基峰弁護士

後遺障害等級

9級

弁護士介入後の等級

9級

事例8

受傷により仕事に復帰できず退職したとして,退職後の休業損害及び顔面醜状痕による逸失利益を相当程度獲得した事例

依頼者

Cさん/38歳

受傷部位

解決方法

示談

事故の内容

信号のある交差点を対面信号青信号に従い,自転車で直進していたところ,同車と同方向から左折しようとした普通乗用自動車に衝突された(左折巻き込み)というもの。

詳しい解決事例はこちら▽

事例7後遺障害(高次脳機能障害)等級5級を覆し3級を獲得し,自営業の実際の収入実態に見合った賠償を得た事例

私が担当しました

笹野皓平

笹野皓平弁護士

後遺障害等級

5級

弁護士介入後の等級

3級

事例7

後遺障害(高次脳機能障害)等級5級を覆し3級を獲得し,自営業の実際の収入実態に見合った賠償を得た事例

依頼者

Aさん/42歳

受傷部位

頭部

解決方法

示談

事故の内容

直進走行中の依頼者車両(バイク)と対向車線から右折してきた相手方車両とが衝突し,依頼者に高次脳機能障害等の後遺障害が残存したというもの。

詳しい解決事例はこちら▽

事例6後遺障害診断書作成時のアドバイスにより後遺障害等級7級を獲得した事例

私が担当しました

南佳祐

南佳祐弁護士

後遺障害等級

7級

弁護士介入後の等級

7級

事例6

後遺障害診断書作成時のアドバイスにより後遺障害等級7級を獲得した事例

依頼者

Kさん/41歳

受傷部位

下肢

解決方法

示談

事故の内容

交差点での依頼者車両(直進・単車)と相手方車両(右折・四輪車)との事故。

詳しい解決事例はこちら▽

事例5過失割合について度重なる交渉の結果、当方過失0での示談成立となった事案

私が担当しました

畝岡遼太郎

畝岡遼太郎弁護士

事例5

過失割合について度重なる交渉の結果、当方過失0での示談成立となった事案

依頼者

Rさん/48歳

受傷部位

なし(物損)

解決方法

示談

事故の内容

片側二車線の優先道路において,右側車線を走行していた依頼者の運転する車両に,左方から相手方運転車両が当該優先道路の左側車線を越えて右側車線に進行して,依頼者運転車両の左側面に衝突してきたもの。

詳しい解決事例はこちら▽

事例4顔面醜状痕について測定立会いの上,実態に即した等級を獲得した事例

私が担当しました

権基峰

権基峰弁護士

後遺障害等級

11級

弁護士介入後の等級

11級

事例4

顔面醜状痕について測定立会いの上,実態に即した等級を獲得した事例

依頼者

Aさん/34歳

受傷部位

解決方法

示談

事故の内容

信号機のない交差点の優先道路をバイクで直進進行していたところ,右方向から交差点に進入してきた普通乗用自動車と衝突した(出会い頭衝突)というもの。

詳しい解決事例はこちら▽

事例3裁判による解決を選択したことで,任意交渉段階の提示額からの増額を獲得した事例

私が担当しました

南佳祐

南佳祐弁護士

後遺障害等級

12級

弁護士介入後の等級

12級

事例3

裁判による解決を選択したことで,任意交渉段階の提示額からの増額を獲得した事例

依頼者

Bさん/54歳

受傷部位

頭部

解決方法

訴訟

事故の内容

依頼者車両(単車)が直進走行中,丁字路交差点を左折してきた相手方車両に進路を塞がれた。
依頼者は,相手方車両との接触を避けるためハンドルを切ったが,これによりバランスを崩し,転倒した。

詳しい解決事例はこちら▽