労働災害のご相談industrial-accident

専門家との連携・協力について 弁護士法人 和氣綜合では,適正な賠償金を獲得するために,さまざまな専門家と連携・協力して事件解決にあたっています。

病院紹介・医学意見書作成

例えば,より高い後遺障害等級を獲得したいというときに,医師の意見書が必要となる場合があります。主治医の先生に意見書作成をお願いするのが原則ですが,より高度で詳細な意見が欲しいときに,協力医に依頼することにしています。 
また,通院中の病院が適切な治療や診察を行ってくれていないと疑われる件においては,ふさわしい病院をご紹介しております。特に,高次脳機能障害の方で,適切な診察・検査が行われていないケースが非常に多いように思いますので,協力して頂いている専門医をご紹介して,診察・検査を受けてもらうようにしています。

交通事故鑑定

事故原因が争われる事案において,依頼者の主張する事故態様を立証するためには,科学的な観点から意見を述べてもらう必要がある場合があります。 車両の損傷状況や現場に残ったタイヤ痕などの客観的証拠に基づき事故態様を立証する方法があります。
弁護士法人 和氣綜合では,必要に応じて専門の調査会社に依頼して工学意見書を作成してもらっており,実際の裁判でもその意見書に基づいて,依頼者の主張どおりの事故態様が認定されています。