よくある質問 労働災害

労災事故を弁護士に依頼するとどんなメリットがありますか?

大きく分けて3つあります。

  1. 弁護士は労働者の代理人として,労働者に代わって交渉
  2. 労災保険による補償給付をサポート
  3. 事業主に対して損害賠償請求

労災保険給付の申請や損害賠償請求が法律上可能とは言っても,これまで雇ってくれていた事業主に対して,面と向かって言うことはなかなかできないと思います。
弁護士は代理人となることができますので,労働者に代わって,事業主と交渉することができます。ですので,労働者の精神的負担も軽減されるのではないかと思います。

また,労働者から事業主に対して法的にまっとうな要求を行ったとしても,拒否か無視する事業主がほとんどだと思いますが,弁護士が出てくるとなれば,裁判を起こされることを恐れて任意交渉に応じてくる可能性もあります。