よくある質問 労働災害

労災補償給付のサポートとはどういうことですか?

労働災害にあったとき,事業主が速やかに労災保険の申請に協力してくれれば問題ありませんが,事業主が協力を拒否してくることがかなりあります。保険料を支払っていない,労基署の立入りが怖いなどの理由が大半です。なかには申請手続が面倒だからという理不尽な理由の場合もあるのです。

このような場合,弁護士に依頼すれば,すぐに労災保険による補償を受けられるようになります。
そもそも,労災保険の利用は「労働者の権利」であるため,事業主の同意や許可は不要ですし,保険料の納付や事業の届け出がなくても労災保険は当然に成立しています。
したがって,弁護士に依頼すれば,直ぐにでも事業主が労災保険申請に協力しないことを証明して,直接に労働基準監督署に労災保険の申請を行うことができるのです。