よくある質問 交通事故 その他

相談には本人が行く必要がありますか?代理での相談はできますか?

原則としてご本人様にご来所頂く必要があります。
例外的に,ご本人様がご来所できない事情,ご本人様が未成年やご高齢,ご入院中などの場合には,代理での相談をお受けすることが可能です。ただしその場合でも正式にご依頼頂く際には,ご本人様と弁護士が面談をさせて頂く必要があります。

相談にはどのような資料を用意する必要がありますか?

ご相談内容に関係するお持ちの資料は全てご持参下さい。資料がたくさんあれば,それだけ正確なアドバイスが可能です。

【具体例 】
・事故証明書,診断書,給料明細,保険会社から送付されてきた書類(賠償金提示など)など

相談料はどのくらいかかりますか?

交通事故や労災事故については相談料は無料です。
ただし,弁護士費用特約にご加入されている場合,ご相談者様のご了解を得たうえで,保険会社に法律相談料を請求させて頂くことがあります。

どのような内容の相談ができますか?

基本的には交通事故に関係する法律問題です。

  • 保険会社から賠償金の提示を受けたが,妥当か?
  • 妥当でないとしてどの程度の賠償金を請求することができるのか?
  • 保険会社から症状固定と言われ治療費の支払いを止められたが,どのように対処すればよいのか?
  • 後遺障害の等級が認定されたが,妥当か?
  • 不服申立てをすれば,より高い等級に認定されるか?

そのほかにも事故によって不幸にも被害者の方が亡くなられた場合,相続問題などが出てくると思いますが,そのような問題もご相談頂けます。

弁護士法人 和氣綜合は,交通事故・労災事故を専門的に取り扱っていますが,そのほかの分野の事件も数多く取り扱っておりますので,安心してご相談いただけます。