適正な補償を得るための流れ
事故を起こした後どうして良いか分からない
まずは一度、状況をご確認ください。

まずは状況をご確認ください

事故~治療中

主治医の指示に従い、定期的に通院しましょう。
痛みやしびれ、めまいなどはきちんと主治医に伝えましょう。
症状が良くならなかったら、原因究明のため画像検査や専門医の診察を受けましょう。

症状固定と言われたら

治療を続けていると,保険会社から
「今月末で症状固定と判断しますので,翌月以降の治療費は支払いません。」
と一方的に告げられることがあります。そもそもこの「症状固定」とはどのような意味なのでしょうか?

症状固定と保険会社

「症状固定」とは,簡単に言えば,一般的な治療を行った結果,治療・リハビリを続けても症状が良くも悪くもならないと判断されるときの状態です。
症状固定後は,保険会社は,それ以降の治療費や休業損害,傷害慰謝料を支払う必要はなくなり,後遺障害と認められるときには後遺障害慰謝料と逸失利益などを補償すればよいことになっています。
このように,基本的に,症状固定を早めるとそれだけ賠償額が少なくなっていくことになっていますので,保険会社は必死になって症状固定を早めようとしてるのです。

治療は続ける
それでは,保険会社から症状固定と言われたら,どうすればよいでしょうか?
保険会社の言いなりになる必要はなく,しっかりと治療を続けて下さい。いったん立替えとなりますが,
健康保険を利用すれば低額に抑えられますし,自賠責保険の限度額120万円に達していなければ,
被害者請求をすれば自賠責保険から支払ってもらうことができます。
何よりも治療を続けるか,症状固定にするかは,あくまでも被害者ご自身と主治医の先生とのあいだで
相談しながら決めていくことで,保険会社に強引に決められていくものではないのです。

その他、症状固定についてはこちら

症状固定/後遺障害診断書作成
主治医の先生に、自覚症状を正確に伝えましょう。メモで渡すとより正確に伝わります。
他覚症状及び検査結果についても,詳しく記載してもらって下さい。
可動域制限は正確に測定してもらいましょう。痛みがあれば,それ以上,動かすことをやめて下さい。
後遺障害診断書がきちんと作成されているか判断することはとても難しいことです。
医師もほとんど自賠責の後遺障害等級認定制度の内容を知りません。
後遺障害診断書は,きちんとした補償を受けるためにもっとも重要な証拠です。後悔しないように,事前に後遺障害に
精通している弁護士に相談することをお勧めします。

後遺障害の申請/異議申立て

後遺障害の申請は,自賠責保険に直接申請すること。
認定方法には事前認定と等級認定があります。

事前認定 利害対立にある任意保険会社を通じて行う 不利な等級が認定される可能性有り
等級認定 厳格な要件が有りのため
異議申し立てがなかなか認められない
※ただ特に不利益無し
適切な等級を求める事が出来る

後遺障害の等級が,賠償額に大きく影響しているのは明らかです。
異議申立てをしても,時間がかかること以外に特に不利益はありませんので,積極的に行うべきです。
認定された等級が妥当なのかは,後遺障害に精通している弁護士でなければ分かりません。
ご自身で悩んでいないで,一度、専門の弁護士に相談してみて下さい。

保険会社の示談提示
保険会社の提示が妥当であることは99%ありません(弊所調べ)

ほとんど自賠責保険の基準で計算されたものに過ぎず、裁判所が公表する基準よりもかなり少額のものです。
保険会社が不当に少額の提示を行うのは,自社の利益を守るためです。
特に理屈があるわけではありませんので,いくら裁判所の基準を説明して交渉しても,わずかな金額しか増額してきません。
弁護士に依頼すれば,基本的に裁判をしなくても裁判所基準での賠償を受けられます。
形式的に裁判所基準で算定するだけではなく,より実質的に,認定された等級の妥当性チェックから,
後遺障害の内容に応じた慰謝料・逸失利益の算定などが必要となっており,後遺障害に詳しい弁護士でなければ判断できません。
概算であれば,2,3日で妥当な賠償額を算定してくれます。
また,弁護士費用も,弊所のように保険会社の提示額から増額させた分の1~2割程度ですので,赤字になることはないと思います。