企業様からのご相談enterprise

お金のトラブル

債権回収

代金の未払いは会社経営の根幹を揺るがしかねない問題です。
1 件でも未払いの問題があれば、そのほかの取引で出した利益が吹っ飛んでしまう
危険性をはらんでいます。
適切なタイミングで弁護士に再建改修を依頼すれば、
相手方が支払いに応じる可能性もかなりあるのが実情です。
債権回収は、多様な回収方法から事案に最もふさわしい合理的なものを選択して、
スピーディーかつリーズナブルに回収していくのが重要です。
弁護士法人 和氣綜合では、依頼者の負担が最も軽く、かつ迅速かつ確実に回収できる
方法を
ご提案するとともに早期の回収を目指しております。
代金の未払い問題は諦めず、未払いの可能性が生じたときすぐにご相談下さい。

~債権回収に至るまでの主な流れ~
  • 打ち合わせ

    契約内容、資料の確認

    回収方法と弁護士費用のご提案

  • 資料検討、調査

    相手の所在、資産調査

  • 相手方への通知

    弁護士名による督促文送付(内容証明郵便)

  • 資産保全

    資産保全手続き(仮差押え等)

  • 債権回収成功
  • 法的手続

    訴えの提起

弁護士費用のご案内
  • 督促通知(内容証明郵便)

    手数料5万円~

  • 保全/ 訴訟手続

    着手金20万円~

    報酬金回収額の10~16%

ご相談のときに回収手続と可能性などをご説明しながら、弁護士費用もご提案させて頂きます。
依頼者様に費用倒れ等の予期せぬ不利益が生じないよう丁寧にご説明致します。