後遺障害等級11級

事例4顔面醜状痕について測定立会いの上,実態に即した等級を獲得した事例

私が担当しました

権基峰

権基峰弁護士

後遺障害等級

11級

弁護士介入後の等級

11級

事例4

顔面醜状痕について測定立会いの上,実態に即した等級を獲得した事例

依頼者

Aさん/34歳

受傷部位

解決方法

示談

事故の内容

信号機のない交差点の優先道路をバイクで直進進行していたところ,右方向から交差点に進入してきた普通乗用自動車と衝突した(出会い頭衝突)というもの。

詳しい解決事例はこちら▽

事例2任意交渉において,若年の女性(23歳)の逸失利益の算出にあたって基礎収入を賃金センサスを基準にして解決できた事例

私が担当しました

川島直人

川島直人弁護士

後遺障害等級

11級

事例2

任意交渉において,若年の女性(23歳)の逸失利益の算出にあたって基礎収入を賃金センサスを基準にして解決できた事例

依頼者

Oさん/23歳

受傷部位

首・胸・背・腰・骨盤

解決方法

示談

事故の内容

横断歩道を自転車で走行中に自動車と接触したというもの。

詳しい解決事例はこちら▽