トラブル 取引先とのトラブル

事例4精算金請求事件

私が担当しました

畝岡遼太郎

畝岡遼太郎弁護士

事例4

精算金請求事件

依頼者

Aさん/50歳

業種

その他

ご相談内容

取引先とのトラブル

解決方法

任意交渉

ご相談内容の詳細

依頼会社は住宅のリフォームに関係する物などの販売設置工事を行う会社であるところ,顧客(注文者/購入者)の代金の支払いについては,顧客が契約する信販会社から,精算金として支払を受けることとなっていた。
ところが,各信販会社が加盟する協会に依頼会社に対する苦情に関する情報が登録されたことを理由に,相手方である信販会社(以下,「相手方会社」という。)が,依頼会社に対する精算金合計1000万円(顧客約10人分)以上の支払いを拒絶したというものである。
なお,協会に登録された情報は,当該苦情の申し出があったということであり,苦情の正当性等の裏付けがあるわけではなく,依頼会社は当該苦情に該当する行為を行ったことはなかった。

詳しい解決事例はこちら▽